キレイな目元を図る|医師の技術力でクリニックを見極める|たるみ治療のポイント

医師の技術力でクリニックを見極める|たるみ治療のポイント

キレイな目元を図る

女性

目の下にたるみがあると、老け顔に見られてしまいますし疲れている印象を与えてしまいます。加齢による筋肉の衰えが原因になりますが、紫外線や乾燥も皮膚にダメージを与えてしまいハリや潤いがなくなってたるみが生じることもあります。規則正しい生活やバランスのいい食事、そして適度な運動が大切ですが、それでも加齢によって潤いがなくなっていくのを防ぐことはできません。化粧品で外から補うことも出来ますが、多大な効果が得られるというわけでもありません。すぐに目元をどうにかしたい、確実にたるみを失くしたいと思うのなら、美容クリニックがおすすめです。美容クリニックというと整形のイメージがありますが、今はメスを用いずに注射やレーザーなどを用いるだけなので、エステ感覚で受けることができます。

潤い不足で目の下にたるみが出来ているなら、ヒアルロン酸を注入することで潤いを補うことができます。ヒアルロン酸はもともと体内にあるので、副作用の心配もなく安心して注入することができます。ただ、ヒアルロン酸は体内に吸収されてしまうので、徐々に効果が薄れてきます。定期的に注射をしなければなりませんが、施術自体は短時間で終わります。ハリがなくなっているのならば、レーザーを目の下に当てることで皮膚が活性化して、ハリを出すことが出来ます。皮膚に刺激を与えることで細胞自体が元気になるので、長期間効果が持続します。どちらも日帰りで行える施術で、ダウンタイムも短く、すぐに化粧も出来ます。目の下のたるみのタイプや原因は人それぞれなので、きちんとカウンセリングをして自分に合った施術を受けることが大切です。